« 明けましておめでとうございます | トップページ

せたがやコーラスフェスティバル

皆様、大変長らくお待たせしました。サブ・ローザのブログを再開します。note

3月11日の東北大震災で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。皆様の穏やかな日常生活が早くもどってきますことをお祈り申し上げます。

まずは、お知らせです。5月29日(日)12時半から世田谷区民会館で、恒例のせたがやコーラスフェスティバルが開催されます。サブ・ローザは第三部の最後のほうに出演をします。「ハナミズキ」「ガムラン」の2曲を演奏いたします。

earハナミズキ はご存知の方も多いかと思います。ガムランは、インドネシアの大中小さまざまな大きさの銅鑼や鉄琴で奏でる音楽を、歌で表現します。今回は、いつもステキなピアノを演奏してくださる、ピアニストの皆さんも、一緒に歌っていただきます。それから、ステキなゲストも一緒です。

typhoon現在の進行状況は、最後まで通せるようになった。。。暗譜もボチボチ。。。というところでしょうか。本番までは、毎週火曜日午前中、深沢区民センター第二会議室にて練習です。

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ

コメント

2年前の記事にコメントを書いてみる。
さて、サブローザのその後は
やはり笑いの絶えない2時間なのである。
そしてなんと演奏会を開こうかという
話題さえ登っているほどだ。
メンバーと言えば
名古屋支部は現存
北海道支部はなんと本部に合流!
メデタシメデタシ!
昨年はハワイ支部が出来たとか?
海外にまで輪が広がるとは!
なんと嬉しいこと!
演奏会に向かってますます
笑う回数が増えていくことでしょう。

投稿: のりまきかんぴょう | 2014年5月 5日 (月) 01時52分

女声合唱団サブ・ローザの皆様へ


■2015年夏開催のハンガリー国際合唱祭にご参加になってみませんか(ご案内)


年の瀬も押し詰まり、皆様にはお忙しくご活躍のことと存じます。 
すでに来年の計画をお考えのことと思いますが、もしこれから計画されるのでしたら、ぜひ来年7月3日~5日にハンガリーで開催の「ヴィヴァーチェ国際合唱フェスティバル」参加を一度ご検討ください。 
主催者からぜひ日本から参加を、との声が届いています。 

ご参加いただく場合、フェスティバル期間中(3日間)の全食事と宿泊が主催者により提供されます。
「ヴィヴァーチェ国際合唱フェスティバル」はガラ・コンサート、コンサート・ミニ・ツアー、そしてレジャーがユニークに組み合わされた行事です。 
陽気なオープニング・セレモニーにつづいて、各参加合唱団が、15分の“生きる喜びをできる限り表現したプログラム(華やかなパーフォーマンスを伴うレパートリーなど)”を演奏するガラ・コンサートがあります。
そのプログラムの演奏は審査員および聴衆により採点されます。
本格的なコンペティションではなく、一部コンペティション的な要素をもつこの合唱祭はその楽しめる内容からこれまでコンペティションに参加したことのない合唱団の皆様に特にお勧めいたします。

ガラ・コンサートでの演奏および合同演奏に加え、参加合唱団はヴェスプレームとその周辺、またバラトン湖のホリデー・リゾートにある教会あるいは野外の会場で独自のプログラムを演奏する機会があります。 
開催地の古都ヴェスプレーム市はハンガリーの首都ブダペストから1時間(オーストリアのウィーンから数時間)のところにあり、2年毎に世界各国から8~9団体の合唱団を夏に同市に招き、同国際合唱フェスティバルを開催しておりますが、世界的に人気のこの合唱祭もここ数年は会場となる新しいコンサートホールの完成が遅れ延期を繰り返してまいりました。 
ようやく完成した真新しいHangvillaで初めて開催となる今回に現地関係者はとても期待をかけています。
参加いただくには、提出資料をもとに簡単な審査がありますが、前々回、前回と私どもでは合唱団を送り込んだ実績を認められておりますので、特別なことが無い限り私どもの推薦で参加は実現すると思います。

参加日程案はおおよそ次のようになります。 
7月1日(水) 日本発 7月8日(水)日本帰着 この8日間にブダペスト(1泊)-ヴェスプレーム(4泊)-ウィーン(1泊)と回り、フェスティバル期間中は、市内からヴェスプレーム城までのパレード、城での市長による歓迎式、主催者側合唱団コンサート鑑賞、城の野外ステージにて参加者全員で歌うコンサート、ガラ・コンサート(各合唱団15分演奏)、審査結果発表、閉会式などに参加します。 

つきましては、ご興味ございましたら、ご連絡ください。 詳しい資料をお送りするようにいたします。

今年も一年お世話になりました。来年もよろしくお願い申し上げます。
みなさまどうぞよいお年をお迎えください。
                                  

●ジョイントコンサート国際委員会事務局  
音楽交流コーディネーター 垣沼 佳則
jointcon@vesta.ocn.ne.jp

投稿: | 2014年12月26日 (金) 14時25分

女声合唱団サブ・ローザの皆様へ


北欧フィンランド-“オーロラ”の国での
■クリスマス親善ジョイントコンサートへ参加いただける合唱団を探しております(ご案内)


新春の候 皆様にはますますお忙しくご活躍のこととお喜び申し上げます。

さて、北欧フィンランド南西部にあるウルビラで活躍するサンニバ女声合唱団の親日家指揮者からこの度今年夏から来年夏の間にフィンランドそして日本で親善ジョイントコンサートを実現したいので力を貸してほしいとの協力要請が私どもジョイントコンサート国際委員会にありました。
素晴らしい企画ですので、私どもではこのジョイントコンサートに参加いただける合唱団を探すことにいたしました。

つきましては、皆様に一度ご検討いただきたくお願い申し上げます。
ジョイントコンサートについては今年夏から1年の間にフィンランドそして日本で実施することになり、その時期は日本の合唱団とサンニバ女声合唱団の都合を考慮の上決定されますが、私どもの提案としてクリスマス時期はいかがでしょうか。
有名なフィンランドのオーロラ見学のシーズンでもありますので楽しい音楽交流に加え、なかなか得難いオーロラ観察も経験できるかもしれません。
(もちろん、寒い時期はどうもということでしたら気候が穏やかな8月下旬なども可能です。)

同合唱団との交流については、フィンランドそして日本でのジョイントコンサート両方に参加いただいても結構ですし、フィンランドだけ参加、あるいは日本だけ参加でも構いませんので、ご興味ございましたら先ずは皆様に都合のよいタイミングをお知らせください。それを私どもでサンニバ女声合唱団側へ提案するようにいたします。

ご検討いただけるよう同合唱団のプロフィールとフィンランドでのジョイントコンサートに参加する場合の旅行日程案を下に記しましたのでお目通しいただけましたら幸いです。
突然のご案内にて失礼いたします。今年もよろしくお願い申し上げます。


●ジョイントコンサート国際委員会
音楽交流コーディネーター 垣沼佳則
http://www.jointconcert.com
jointcon@vesta.ocn.ne.jp
TEL 03-5425-2326

■北欧フィンランドのサンニバ女声合唱団
1984年に教会音楽家アンネ・マリー・グルンデスタンの提唱でフィンランドのウルビラの町に誕生。
ウルビラはフィンランド南西部にあるポリから8キロほどのところにある町。
合唱団の名前“サンニバ”は、アイルランド国王の決めた結婚を避けるためノルウェーに逃れ、センジェ島の洞窟で亡くなった王女の名前に由来。この名前は「太陽からの贈り物」を意味し、十字軍の時代にウルビラに伝えられたもの。
音楽も、団員やその家族、支援者がそれぞれの幸福や悲哀を一緒に分かち合うことを可能にしてくれる「贈り物」なのでこの名前を合唱団につけている。
創立以来30年の間にレパートリーは幅が広まり、フォークソングからバロックから現代にいたる違った時代の教会音楽を歌っている。
練習は毎週木曜日晩にウルビラの旧牧師館で行っている。
過去に演奏ツアーで訪れた国は、スウェーデン、デンマーク、エストニア、ハンガリー、イギリス、スイスなど。最近同合唱団の指揮者に就任したMinna Liettyä-Tyni女史は大変な親日家であるため日本の合唱団とのジョイントコンサートをフィンランドそして日本で近い将来に実現することを計画中。

旅行日程案
2015
●1日目 12月20日(日)
日本発(東京・名古屋・大阪)昼 (航空機)ヘルシンキ着夕 <ヘルシンキ泊>
●2日目 12月21日(月)
ヘルシンキ滞在 午前:市内見学 午後:自由行動      <ヘルシンキ泊>
●3日目 12月22日(火)
ヘルシンキ発朝(専用バス 165km約2時間)フィンランド最古の町・トゥルク着午前 
着後:市内見学                      <トゥルク泊>
●4日目 12月23日(水・天皇誕生日)
トゥルク発午前(専用バス 141km約1時間50分)サンニバ女声合唱団の本拠地ポリ着昼
着後:合唱団関係者と打合せ、その後リハーサル       <ポリ泊>
●5日目 12月24日(木)
ポリ滞在 午前:休養 午後:会場にてリハーサル 夕:クリスマス親善ジョイントコンサート(ウルビラ)
その後、交流会                      <ポリ泊>
●6日目 12月25日(金)
ポリ滞在 終日:自由行動 オーロラ見学など        <ポリ泊>
●7日目 12月26日(土)
ポリ発昼(専用バス 242km約3時間)ヘルシンキ空港着午後
ヘルシンキ発夕(航空機)                 <機中泊>
●8日目12月27日(日)
日本(東京・名古屋・大阪)着午前           ―フィンランド航空利用予定―

投稿: 垣沼佳則 | 2015年1月19日 (月) 14時25分

■日本・台湾親善合唱祭 in 台北 本年11月開催のご案内

先の東日本大震災の時にアメリカとともに最も多くの義捐金をいち早く送ってきた台湾は世界でも最も親日的な国の1つです。人々は日本との交流にとても熱心です。
以前から台湾の合唱団から積極的に交流をしようという呼びかけが私どもにありまして、2011年より、私どもでは台湾の合唱団との交流を積極的に下記の通り実施、また計画しております。

2013年 台湾台南市から日本へ(日光市)
2013年 日本から台湾台南市へ
2014年 台湾高雄から日本へ(静岡)
2015年 日本から台湾台北へ
2015年 秋ころ台湾からの来日計画現在進行中  

相互の交流を今後も大切に継続すべく、この度本年11月にも再び台湾での合唱交流を計画いたしました。
現地の合唱関係者は今からとても楽しみにしております。
つきましては、皆様にこの日台親善合唱祭にご参加いただけないでしょうか。

日本側から3団体、台湾側からも2-3団体参加を予定しおります。
演奏プログラムについては15分ほどのものをご用意いただくようになります。日本側合唱団のプログラム中に重複する曲がありましたら、変更をお願いすることもございます。
おおよその日程は下記の通りです、詳しくはお問合せください。

突然のご案内にて失礼いたします。


●ジョイントコンサート国際委員会
事務局: 垣沼佳則 山田洋平
http://www.jointconcert.com
jointcon@vesta.ocn.ne.jp
tel. 03-5425-2326


<2015年日本・台湾親善合唱祭日程案>
●1日目 11/26(木) 
成田・中部・関西・福岡発 午前 航空機でノンストップ、台湾の台北へ 
台北着 午後 着後、専用バスにて市内見学(中正記念堂ほか)
夜、オプショナルで夜市散策など   《台北市内ホテル泊》
●2日目 11/27(金)
台北滞在 午前午後、会場でリハーサル 空き時間に市内見学
夜、『台湾日本親善合唱祭』 
(会場:台北市政府(市役所)ホール(予定) 参加:日本から3合唱団、台北から2-3合唱団)            《台北市内ホテル泊》
●3日目 11/28(土)
台北滞在 午前、自由行動 *オプショナルで故宮博物館見学
午後、『合唱祭打ち上げ交流会』 (会場:市内のホテルバンケットルーム) 
夜、オプショナルツアーなど         《台北市内ホテル泊》
●4日目 11/29(日)
台北 午前 専用バスで市内見学
台北発 午後 航空機でノンストップ、帰国の途に
成田・中部・関西・福岡着 夜   *利用予定航空会社:エバー航空他

◎上記日程は、行事主催者その他の事情により変更になる場合があります。ご了承ください。
◎札幌・仙台発着も可能ですが、スケジュールが若干変わります。 ご相談ください。

《参加費用》 30名以上参加の場合のお一人様料金: 118、000円
         
*含まれるもの: 航空券代、3泊ホテル代(3星ホテル利用)、現地交通費、全食事代、添乗員、現地アシスタント、市内見学時のガイド、合唱祭交流会参加費用、企画料、コンサートスタッフ費用

*含まれないもの: 航空諸税・燃油サーチャージ等(約13、000円)、海外旅行保険代、個人的性質の費用、現地オプショナル費用、出発時ならびに帰国後の日本国内の交通費宿泊費 

投稿: ジョイントコンサート国際委員会 | 2015年3月17日 (火) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/567013/51615028

この記事へのトラックバック一覧です: せたがやコーラスフェスティバル:

« 明けましておめでとうございます | トップページ